住まいづくりにかかる費用,ローン,淡路島の新築の相場は関西ハウス工業

人と街と想いをつなぐ。関西ハウス工業株式会社
サイトマップ求人情報プライバシーポリシーご相談窓口
本社:兵庫県淡路市生穂1803-2 TEL.0120-76-0331
明石営業所:明石市材木町16-17 TEL.0120-75-0745
 
  HOME施工事例スタッフ紹介お客様の声メディア紹介Q&A会社案内企業理念
  住まいづくりについて
リフォームについて
フルオーダー住宅のご案内
プロジェクトのご案内
設計事務所の皆様へ
法人のお客様へ
不動産情報
活動記録

資料請求

私たちの家づくりレポート

採用情報

SNS・ブログで情報発信しています

facebooktwittergoogle+
専務のブログ
関西ハウス工業スタッフ日記

ハウスプラス倶楽部

以下のリンクは別ウィンドウが開きます

みんなでシェアして、低炭素社会へ
yess建築ビルダー加盟店
全国安心工務店ネット
ジャパンホームシールドの地盤保証
地震補償保険SBI
三井住友海上火災保険取扱店
  住まいづくりについて

HOME > 住まいづくりについて > 住まいづくり参考資料

住まいづくり参考資料 

建物にかかる総費用

住まいづくりにかかる費用は、分類・表現はさまざまですが、建築本体工事、別途工事、諸費用に分けられます。

一般的に広告などで見る坪いくらというものは、建物本体工事費から割り出したものが多く、実際にこの値段で住まいを建てることはできません。内容も業者によってまちまちですので契約前にしっかり確認する必要があります。家づくりにかかる総費用を建築工事費からみると、一般的に建築工事費プラス20%程度の金額が必要になると考えてください。
では、当社の住まいづくりにかかる総費用をご説明いたします。

建物本体工事
総費用の75〜80%程度。一般的に坪いくらといわれている部分です。

共通仮設工事
仮設便所・安全対策費・近隣対策費・工事用電気水道・各種試験費用など工事を行うための下準備のものです。

建築主体工事
仮設工事、基礎工事、コンクリート工事、鉄筋工事、防水工事、石・タイル工事、木工事、屋根工事、板金・樋工事、金属工事、左官工事、建具工事、塗装工事、内装工事、家具工事、住宅設備工事、外壁工事など、建物そのものを作り上げていくための工事です。

 

建築費用

■建築本体工事費
建物本体にかかる費用

■付帯工事費
門扉、倉庫、庭などの外構、造園工事やガス管、屋外給水工事など

■諸経費・その他
税金やローン契約にかかる諸費用、2回の引越し、仮住まい費用など

 

電気設備工事
電気配線、コンセント・スイッチ関係、換気設備、TEL配管など。

給排水衛生設備工事
水廻りの給水給湯、排水配管、衛生設備、ガス配管など。

消費税(5%)
上記工事費にかかる消費税。当然、別途工事にもかかってきます。

別途工事
総費用の15〜20%。敷地の状況や環境により内容が変わってくる工事です。通常の坪単価には含まれていません。

地盤調査費
建物を設計する前に調査する必要があります。
地盤の強度のよって基礎の設計自体が変わってくるからです。

確認申請及び設計費
確認申請に必要な書類を行政に提出し、認可を受ける必要があります。設計、当社で工事をできなかった場合は、設計費の実費のみいただきます。

屋外附帯工事
前面道路から宅内に配管を引込む工事、水道・ガス分担金、建物外の配管・配線工事、外構工事(排水溝、ガーデン、エクステリア等)、浄化槽工事など。

冷暖房設備工事
エアコン機器及び機器取付工事。

インテリア工事
カーテン類、照明器具、造付家具など。

解体工事
既存建物を解体して建てる際の工事。
室内に残っている家電やタンスなども別途処分費用が必要です。

特殊基礎工事
杭・地盤改良などの地盤補強工事。試験の結果、地盤が軟弱な際必要となってきます。

※当社は、上記の内容を把握した上で、設計図・仕様書を作成し、最終の見積りを提出の上、予算とのすり合わせをきっちり行い契約を行いますので、思いもよらない費用は発生しません。

工事以外の諸費用
総費用の5〜10%。工事以外の諸費用で、見積りには含まれません。

印紙税
施工者との間に交わされる工事請負契約書に必要な印紙代。

ローン事務手数料
住宅ローンを利用する際の手数料。

ローン保証料
ローンを組む場合、現在では連帯保証人を付けずに
保証会社に保証料を払って借入をするのが一般的です。

火災・地震保険料
万一の火災や地震によって損害を受けた時にローンが残ってしまわないようにするためのものです。加入が条件となっています。

団体信用生命保険
ローンの返済期間中に債務者が死亡したり高度障害になった場合、保険金で残りのローンを返済するもの。加入が条件となる場合があります。

建物表示登記
住まいを新築した時にまず行う登記。

所有権保存登記
新築住宅の所有権を自分名義にするときに行う登記。

抵当権設定登記
ローン手続きで担保を出した時に行われます。

その他
地鎮祭費用、上棟式祝儀、引越し費用、TEL配線(NTTなど)、各種税金(不動産取得税、固定資産税、都市計画税など)があります。

※当社は、上記の見積りに含まれない部分についてもしっかりお手伝いをいたします。

※住宅ローンについて

当社ではお客様にできるだけ負担の少ない長期安定金利型住宅ローン、
「フラット35」をお薦めしています。
なお、自己資金は総費用の30%程度が適正と言われています。
金融機関は融資の上限を「建築費の80%」としていることが多く、20%は自己資金が必要になってきます。当然、工事以外の諸費用も考えなければなりませんので、30%を目安にされるとなお安心です。生涯を通した無理のない返済計画を立てましょう。

提携住宅ローン会社

ページの先頭へ

 


 
フルオーダー住宅のご提案

ご相談窓口はこちら
Copyright(C)2009 Kansai-house Co.,Ltd. Allrights reserved.