淡路島のものづくり、新築、家づくりは関西ハウス工業

淡路島で注文住宅,新築,一戸建てなら関西ハウス工業
サイトマップ求人情報プライバシーポリシーご相談窓口
本社:兵庫県淡路市生穂1803-2 TEL.0120-76-0331
明石営業所:明石市材木町16-17 TEL.0120-75-0745
 
  HOME施工事例スタッフ紹介お客様の声メディア紹介Q&A会社案内企業理念
  住まいづくりについて
リフォームについて
フルオーダー住宅のご案内
プロジェクトのご案内
設計事務所の皆様へ
法人のお客様へ
不動産情報
活動記録

資料請求

私たちの家づくりレポート


記事カテゴリー


  ・トピックス(4)


  ・専務の家づくりコラム(4)


  ・住まいの建築知識(2)


  ・淡路島・明石の地域情報(2)


採用情報

SNS・ブログで情報発信しています

facebooktwittergoogle+
専務のブログ
関西ハウス工業スタッフ日記

ハウスプラス倶楽部

 

私たちの家づくりレポート

HOME > BLOG >淡路島のものづくり

淡路島のものづくり

2018.7.12





日本人のものづくりに対しての誠実さはどこから来ているのか?

いや、ものづくりだけでなくさまざまな部分で誠実だとされている日本人の気質はどこから来るのか?

単一民族ゆえの共通の価値観なのか、古来からのDNAのなせる業なのかわかりませんが、

私は「島国」であるということが要因の一つなのではないかと思っています。


非常に安易な考え方なのかも分かりませんが、

テキトーな仕事をして、「はい!さようなら」・・・

ということが地理的にできないという事ですね。


何がいいたいのかといいますと、

私たちが住んでいるこの淡路島においても、そう置き換えることができるからです。


この淡路島というコミュニティーのつながりの強い島で、適当な仕事や手抜き工事をしてしまうと、あとから取り返しのつかないことになるからです。


もちろん、しっかりとした仕事を行う動機が「評判が悪くなるから」ではダメなのですが、

実際のところ悪い仕事をすれば瞬く間に評判が悪くなるのはまぎれもない事実。


逆に良い仕事をすれば、やはりそれなりの評価をいただくことはできます。


なぜそんな説明をしているのかといいますと、

以前、淡路島から別の地域で仕事をした際に、

「しょせん田舎者の程度は知れている」

というレッテルを貼られたことがあるからなのです!

いやぁ〜、これは悔しかった・・・


確かに、都心部と地方では仕事のやり方やプロセスが異なる事もあり、

地方の業者は比較的、立ち振る舞いなどに前時代的なところはありますが、

ものづくりに対しての想いは、相対的に都心部のそれより上回っていると感じます。


そう・・・言ってしまいましょう!


島国で培われた淡路島のものづくりはスバラシイ!!



この淡路島から、素晴しいものづくりをもっともっと発信して参ります!




古民家再生 洲本市 T様邸
古民家再生 洲本市 T様邸


ホテルニューアワジ様 島花DogVilla
海のホテル島花 DogVilla 様



施工事例のページへ


専務のブログ 2013年1月16日の記事より



記事カテゴリー:専務の家づくりコラム

記事一覧へ戻る


 
フルオーダー住宅のご提案

ご相談窓口はこちら
Copyright(C)2009 Kansai-house Co.,Ltd. Allrights reserved.